電磁波対策住宅(オルタナティブアースハウス)

住宅の電磁波対策の必要性

屋内電気配線は50年前の6倍、通信機器や高周波ノイズの多い電子機器が増え続けており、従来の電磁波対策だけでは健康を保つのに十分ではなくなってしまいました。
せめて寝室だけでも安眠できる環境を作りたいですね。

・都市部、5Gエリアに在住の方
・基地局アンテナや電波塔が近い方(窓からよく見える)
・集合住宅で隣のWi-Fi電波が強い方
・電磁波に敏感な方(電磁波過敏・化学物質過敏)
・木造住宅の2階、3階、ロフトに寝ている方
(木造住宅は屋内配線からの低周波電場の逃げ場がないため、2階の床や壁面の電場が強い)

化学物質やシックハウスにも配慮すると、できるだけ自然素材でできた住宅に、オルタナティブアース®のような電磁波対策をするのが一番良いと思います。
自宅の中にWi-Fiも5Gも入らないデジタルデトックスできる避難所があることは過敏症の方にとって本当に救いになります。
新築時はチャンス、リフォームでも対策可能です。

低周波電場と高周波を防ぐ技術「オルタナティブアース®・シールドアース工法」

2階の寝室にオルタナティブアース高周波シールド対策を施工したイメージ
            ↓

オルタナティブアースハウスイメージ

2階の床下や壁の屋内配線からの低周波電場
→導電性のアースシールドカーボンシート→アース線、アース棒→地面へ逃がす。

1階のあるWi-Fiルーターや近隣の基地局アンテナからの高周波(電波)
→アースシールドカーボンシートでシールド。

寝室は周囲よりも電磁波のきわめて少ない環境となります。

高周波シールドルームにはスマホなどの電子機器を持ち込むことはできませんが、その分デジタルデトックスのできる癒し空間になります。
シールドルームにいると体の緊張こわばりが弛み、呼吸も深くなります。
良質な睡眠だけでなく、座禅瞑想、ヨガ、ストレッチ、ヒーリングにも適したお部屋です。

オルタナティブアース工法の施工レベルは、標準施工(床全面+壁1mまで)~360度完全シールドまで、居室単位で選択できます。
賃貸住宅などリフォームが難しい場合は、お部屋の中に組立式のシールドインルームを導入することも可能です。

アースシールドカーボンシート

導電性(低周波電場シールド)と高周波シールド、遠赤外線、水分子振動の増加などの効果のある材料です。建物のオルタナティブアース®工法にも用います。

アースシールドカーボンシート
仕様 厚さ0.2mm、カーボン86%、バインダー14%
特徴

・導電性があり、アース接続により低周波電場や静電気を除去します。

・1~6GHzの高周波(電波)を99%シールドします。

・遠赤外線を放射

・難燃性

新築・リフォーム オルタナティブアース導入、施工の流れ

オルタナティブアースハウスは、建築業者様といっしょに作り上げていきます。

ヒアリング→プラン&見積り→施工業者様へ連絡・打合せ→ご発注&部材納品→現地施工
建築現場で施工指導を行い、施工は建築業者様にお願いしています。

施工の途中と竣工後に電磁波測定を行い、「測定報告書」をお施主様にお渡ししています。

オルタナティブアースハウス施工の様子

オルタナティブアースハウス 施工中の様子(腰高1mまでシート施工の場合)

オルタナティブアース®ハウスの導入にはお客様との入念なヒアリングから計画を進めていきます。
ご興味のある方は気軽にご相談ください。

 

※「オルタナティブアース®」はプレマ株式会社の登録商標です。

関連サイト

ハピネス施術院

メルマガに登録する

無料メールマガジンの登録はこちら
※お送りいただきましたお客様の個人情報は、個人情報保護法を遵守し適正に扱います。

お問い合わせ