電磁波過敏症

電磁波過敏症とは?(EHSまたはES Electrical Hypersensitivity)

普通の人には何も感じられないが、ある特定の周波数の電磁波に敏感に反応して症状が出るのを「電磁波過敏症」(電磁波アレルギー)といいます。

医学的な病名ではなく、目に見えないものに反応するため、周囲の理解が得られず、孤立しがちになります。

電気を一切使わない生活(現代ではほぼ不可能)を強いられてしまいます。

電磁波過敏症の症状

 頭が熱く感じる、目のチカチカ、目の痛み、視力低下、頭痛、耳鳴り、手足のしびれ、ちくちくなど皮膚刺激感、めまい、吐き気、食欲不振、不眠、動悸、呼吸困難、思考低下、異常な疲労感など

  • 化学物質過敏症と併発することが多い
  • 引越し、リフォーム、転職など、環境が変わってから数ヵ月後に発症することが多い

電磁波過敏症の理論

(丸山アレルギークリニック 丸山修寛医師より)
人体の周囲を覆っている電磁ゲージ(オーラのようなもの)が欠けたり小さくなったりすると、外部からの生命エネルギーの取り込みが不足する反面、有害な電磁波や有害なエネルギーを受けやすくなってしまう。

 

電磁波過敏症

人体周囲の生命場やオーラの修復が必要。

慢性疲労症候群(CFS)の専門医である小川クリニックの小川良一先生によると、電磁波によって脳の血流が低下し、慢性疲労症候群や引きこもりの原因になりうるとの見解をされています。

電磁波過敏症テレビ番組の動画です。参考にどうぞ

 

みなさまへのメッセージ

電磁波過敏症の皆様は本当にたいへん辛い思いをされています。
しかも周りから理解されない二重の苦しみに陥っています。
様々な対策を努力されているのに、症状が徐々に悪くなって悩んでいる方も見えます。

電磁波過敏症は、自律神経失調症の症状ともかなり重複しています。
電磁波過敏症の方の多くに、自律神経の乱れが起きているからです。

これらのいくつかは、自律神経失調症の治療で改善される可能性があります。
オステオパシー(頭蓋仙骨療法や内臓マニピュレーション)、ごしんじょう療法、レイキヒーリングなど、心身にたまってしまった過剰な緊張、こわばり、ネガティブエネルギーを解放していきましょう。

このような心身の治療と、電磁波対策とを併用してみましょう。

あきらめる必要はありません。 自己療法もいろいろあります。

私でお役に立てることがあれば何でもご相談ください。

電磁波過敏症の対策

根本的な治療法は確立されていませんが、北里研究所病院と㈱レジナの共同臨床研究により、電場対策としてアースが有効とわかりました。
(30代~70代の女性 4名の研究データ)

電磁波(電場)対策の内容

患者様の自宅の電場を測定して、電気器具へのアース接続、電場の強い床面や壁面へは導電性スパンボンドを貼りアースを接続しました。(オールアース住宅)

電磁波過敏症患者様の症状別変化(電磁波対策)

電磁波過敏症患者様の症状別変化(電磁波対策)

上記のアース(低周波電場対策)だけでなく、低周波磁場、高周波(電波)の対策ももちろん必要です。

特に電磁波の中でも(高調波)ノイズ成分が人体に悪影響を及ぼすと丸山アレルギークリニックの丸山修寛医師が言われています。

電磁波ノイズを低減するグッズの例

  • 丸山式コイル(ブラックアイ)
  • 電磁波ブロッカー(MAXmini)
 

最近増えてきた高周波電磁波の対策はこちらをご覧ください。
 

大気汚染の対策

大気汚染物質(PM0.1~PM2.5)は電磁波過敏の原因の一つです。

  • 0.1μm対応の空気清浄器を自宅や職場に設置
  • 天気予報でPM2.5予報を毎日確認し、多い日の外出時には0.1μm対応のマスクを着用
  • 帰宅したら鼻うがい(鼻洗浄)をして、鼻腔の奥の汚れを浄化

化学物質の対策

光触媒 トリニティー

光触媒トリニティー

また電磁波過敏症の方は、電磁波だけでなく、化学物質にも敏感な場合があります。

化学物質を分解する特殊な光触媒などを活用して、化学物質の濃度を改善することができます。
(環境改善水トリニティーは一般の光触媒と違い、人体に直接触れても安全です)

 

電磁波過敏症の治療

心身の治療

電磁波の影響を受けにくくするには、心と体を整えて、自分のオーラを強化する必要もあります。

当社では、生活環境の電磁波対策だけでなく、オステオパシーやレイキヒーリングなどの施術を併用します。
(心身にたまった緊張・こわばりを解放、電磁気的なネガティブエネルギーを浄化、自律神経や内蔵機能を整える)

詳しくは各種過敏症の治療をご覧ください。

そして心のケア(真我カウンセリングや瞑想など)もさせていただきます。

毒素の排泄(デトックス)

過敏症の方、アトピーなどの方は体内に毒素が溜まっていて悪循環になっていることが多いです。
そのため、これまでに溜まっている心身の毒素を排泄することも必要です。

三次元の排毒(物理的な浄化)

おなら、げっぷ、あくび、涙、鼻水、汗、大便小便などを我慢せずに出す。
天然塩入浴、砂蒸し風呂、宿便を出す、胆汁の流れを良くする、血液、リンパなどの流れを良くする、体質に合った食事を選ぶ(消化不良は毒になる)など、有害な重金属や放射性物質を吸着して排泄を促すゼオライトを含むサプリメント「ゼトックス」も有効です。

四次元の排毒(エネルギー的な浄化)

電磁波放電カードの使用、 ヒーリング、瞑想、真我開発など

  • 電磁波放電カード(手に握る場合)
  • 後頭課に当てる場合
  • ミゾオチに当てる場合
 

電磁波放電カード 模様の面を体に向けて、電磁波の溜まっている場所に5分くらい当てておく  

壊れてしまったオーラを修復する

欠けたり小さくなってしまったオーラを修復するグッズの活用。
(3Dカバラペンダントやクスリエなど)

  • 3Dカバラペンダント
  • クスリエを背守りに活用
 

関連サイト

ハピネス施術院
emfa
レジナライフ

メルマガに登録する

無料メールマガジンの登録はこちら

※お送りいただきましたお客様の個人情報は、個人情報保護法を遵守し適正に扱います。

お問い合わせ